• ホーム
  • インフルエンザに感染した場合の食事について

インフルエンザに感染した場合の食事について

インフルエンザに感染すると、まず体温がかなり上昇するために水分が不足します。
また食欲も無くなるので、おかゆのように食べやすく水分を補給できるものが適しています。
すりおろしりんごも食欲が無い時に食べやすく、栄養もあるのでお勧めです。

特にビタミンが不足するので、すりおろしりんごを始めとしてフルーツの摂取も必要になります。
固形物は食べにくいためにジュースにするといった工夫も必要ですし、一人暮らしであれば買い物にも行けないので、普段からフルーツジュースを確保しておくのも良いでしょう。

水分ばかりを摂取するのは良くありません。
発熱時には汗をかきますし、ナトリウムが不足します。
そこでおかゆを食べる場合には塩を少し入れると良いでしょう。
あるいは麦茶のように塩分を含んだ飲料を飲むのも良いと言えます。

他にも食べやすく、普段から保存できるものを考えておくことが大切です。
インフルエンザは比較的早くに快方に向かいますし、薬の服用によって熱もすぐに下がります。
それほど大量に用意する必要はありません。
おかゆばかりでは飽きてしまうので、プリンなどのデザートも確保しておくと良いかもしれません。

プリンは炭水化物の補給になりますし、冷たいものは食べやすいのでお勧めです。
あるいはインスタントの味噌汁も用意しておくと役立ちます。
味噌汁は塩分の補給にもなります。

このように水分の多い食事であれば、無理せずに摂取することができます。
また胃腸が弱っているので、消化が良いものを食べることで体へも負担がかかりません。
無理せずに栄養分を吸収することもできます。

このようにインフルエンザに感染した時には、水分と塩分、さらにビタミンを摂れるような食事を心がけることが大切です。
おかゆや味噌汁、ジュースやプリンなどの冷たいデザートが食べやすく体にも優しいことが分かります。
熱が下がってきても無理せずに、消化が良いものを食べることが大切です。

インフルエンザに感染した場合に控えるべき食べ物

インフルエンザに感染した時に、控えるべき食事もあります。
揚げ物のような油脂類は消化に悪いので避けた方が良いでしょう。
熱が高い時は食べやすいものを欲するものですが、体調が回復してくると食べ応えのあるものを欲するようになります。

それまではおかゆのようなものばかりだったので、揚げ物などが食べたくなるものです。
けれども胃腸はまだ弱っていますし、消化機能も回復していません。
油脂類は消化に悪いですし、胃腸に負担をかけることになります。

その結果、下痢を起こすこともありますし体に大きく負担をかけてしまいます。
脱水症状も引き起こすので、体力を大幅に失うことにもつながります。
インフルエンザからの回復も遅れてしまうので、注意が必要です。

高熱が出ている間はとにかく体力を失っています。
そのためにおかゆなどよりも体力を回復できる食事を無理して食べようとする人もいます。
おにぎりやサンドイッチなどであれば問題ないと考える人もいますが、これらも安心できません。

問題なのは、中の具材に何が含まれているかということです。
マヨネーズが含まれていると、これは油脂類なので消化には良くありません。
一見するとお腹に優しいように思えますが、実際には胃腸に負担をかけることになります。

もちろん、食べやすいからとラーメンなどを食べることも避けるべきです。
常備食としてインスタントラーメンがあれば簡単に作れるものですが、避けた方が良いでしょう。
ノンフライ麺であっても、スープに油が含まれているので体には良くありません。

弱った胃腸を第一に考えて、極力調理された食事は避けるようにした方が良いと言えます。
油を含むものは避けて、消化に良いものを選ぶことが大事です。