• ホーム
  • インフルエンザに感染しても入浴して良い?

インフルエンザに感染しても入浴して良い?

インフルエンザのおもな初期の症状には、悪寒や寒気といったものがあります。
これらは普通の風邪にも似たような症状で、風邪の場合であれば初期症状は、適度な水温で入浴することで身体を温めてから睡眠によって早期に治すといった対処をする場合もあるでしょう。

ですが、インフルエンザの場合には身体のなかで細菌が増加していることもありますので、悪寒や寒気だけでなくその後、筋肉や関節の痛みに倦怠感、さらには40度近い高熱といった症状が通常の風邪よりも、早い段階で悪化していきやすくなります。
こういった理由から、インフルエンザが発症してからの入浴は控えたほうがようでしょう。

ではインフルエンザの症状がいったんやわらいで熱も引いてきた後、入浴できるようになるのはどのタイミングかといいますと、これはインフルエンザの症状に個人差がある以上、一概には言えないのです。
ですので、だいたいインフルエンザの感染から何日後には入浴できますというようなはっきりとした目安はありません。

ですが、入浴できるくらいの熱の下がり具合というのはあります。
その目安となるのがだいたい、37度から37.5度くらいまでとされています。
しかしもともと平熱時がやや低めの人の場合、37度でもまだ体がだるかったりといったことがありますので無理して入浴せずにシャワー程度にしておきましょう。
安全な入浴のタイミングとしては、熱が下がり平熱状態になってから2日程度経過して、自分でも体力の回復が自覚できるくらいになった頃です。

しかしインフルエンザB型に感染してしまった場合には、熱はあまり出ないことも多いですし、熱が出ても微熱といったケースもあります。
このような熱が出ていない場合も、倦怠感や悪寒、筋肉や関節の痛みの症状があるときは、無理して入浴するべきではないでしょう。

また、B型インフルエンザにはほかにも下痢や嘔吐など、消化器に強い症状が出ることも多くあり、これらのような症状が出ている場合でもやはり入浴は控えたほうが賢明といえるでしょう。

インフルエンザ感染者の入浴で同居人に感染の可能性

インフルエンザにかかった同居人などが入ったお風呂に入ってしまうと、インフルエンザに感染してしまうことがあるのかということですが、その可能性はじゅうぶんにあるといえるでしょう。

これはお風呂だけではなく、一緒に住んでいる同居人は同じ家にいればどこでも感染するリスクはあると考えたほうがいいでしょう。
たとえば、お風呂以外ですと、脱衣所や洗面所、台所、それにもちろんトイレなどでも感染する可能性はあります。
むしろこれらの場所はお風呂よりも感染のリスクが高いくらいなのです。
なぜなら、お風呂場には脱衣所などとは違い高温のお湯や高い湿気がありますので、インフルエンザの菌を殺菌してしまえることがあるからです。

とはいえやはり先ほども述べましたように、浴室でもインフルエンザに感染するリスクはあり、気を付けたいのは、桶やタオル、それにシャンプーやリンスのいれもの、それと意外と忘れがちなドアのノブといったものです。
これらのものからの接触による感染でインフルエンザが移ることがあるのです。
このように浴室からの感染でもっとも注意しなければいけないのが、インフルエンザに感染した人が触ったものに直接接触することによって感染してしまうことなのです。

もちろん、インフルエンザにかかってしまった人の身体を洗ってあげているときにも菌が移ることがあるのは理解しておくべきです。
湯船も当然、感染するリスクはありますが、インフルエンザの菌は高温で死滅しますので、それよりも先ほど述べた同居人の間で共用しているものに気を付けるようにいたしましょう。
ですので、どうしても身体を洗いたい場合には、まずインフルエンザに感染していない人から先に全員入浴するようにして、インフルエンザにかかっている人はなるべくその後、シャワーくらいにしておくのが無難といえるでしょう。