• ホーム
  • インフルエンザの予防接種は決して無意味ではない

インフルエンザの予防接種は決して無意味ではない

インフルエンザにならないように予防接種をしても、受けた人の中にはかかってしまう人がいます。
高いお金を出しても病気が発症してしまうのなら、わざわざインフルエンザの予防接種を受けても意味がないという意見もありますが、手間でもワクチンの注射は受けておくことがおすすめです。
ワクチンを体に取り入れることによってインフルエンザウイルスに対して抵抗力がつくので、完璧に予防できるわけではなくても注射しない人よりかかりにくくなります。

昔は学校の集団予防接種でもインフルエンザのワクチン予防注射がありましたが、このウイルスは季節ごとの型によって変異しやすいので子どもが一度だけ集団予防接種でワクチンを入れても有効性がなく意味がないとされ廃止になりました。
ウイルスの型は変異しやすいことは確かなので、どの人にも有効性があるとは言えないものです。
しかしワクチンが体に入ることで入れていない人よりも抵抗力がつくので、インフルエンザの予防接種に意味がないということはありません。

ワクチンの予防接種に意味がないと医学的に見られるようになった根拠となっているデータは、1979年代に前橋市の医師会が中心になって出された前橋レポートというものです。
こちらのデータではワクチンを打った人と打っていない人で、発生率で双方に大きな差はないという結果が出ました。
集団予防接種を受けていても大きな効果がないという報告によって、現在もインフルエンザウイルスの予防接種は有効性がなく意味がないとなっています。

効果がないという意見の元になっている前橋レポートは、当時はインフルエンザであるか風邪であるかの技術的に判断できなかったので、全部同じ病気として扱われている可能性があります。
現在の医学的データでは予防接種を受けた人の方がウイルスへの抵抗力があることも示されてきているので、ワクチンは打った方が良いです。
打っておくことによって打たないよりも、何倍もインフルエンザにかかるリスクを下げることができます。

インフルエンザワクチンの集団予防接種の有用性とは

感染して広がる病気であるインフルエンザはウイルスを持っている人が多いほど発生率が高くなり、体の抵抗力が弱くなっている高齢の方がかかると亡くなる原因になってしまうことがあります。
日本では1994年に学童向けの集団予防接種が廃止されましたが、その後の調査によって予防接種がされなくなった年から超過死亡の割合が高くなっていることが判明しました。

インフルエンザは子どもを経由して高齢者に感染することも少なくないので、子どもがワクチンを打たないで感染することが増えると高齢者の感染率も増え亡くなる人が多くなってしまいます。
いまは廃止されている学童の集団予防接種ですが、感染の広がりと高齢者の死者数を抑える上で子どもへのワクチンの予防接種は有用性を持っています。
子どもがワクチン注射を受けてウイルスへの抵抗力をつけることで、大きな被害を未然に防ぐことにもつながるのです。

高齢者の死亡者数の軽減になるだけでなく、学童への集団予防接種は幼児の死亡率も下げる有用性があります。
予防接種を廃止した後の調査では超過死亡について、高齢者だけでなく幼児についても死亡率が上がっていることがデータで分かりました。
集団予防接種で子どもがワクチンで抵抗力をつけることによって、子ども自身の健康も守られ死亡のリスクが低下するようになります。

インフルエンザの集団予防接種の有用性は学童向けの他にも、体に重い病気を持っている人々に行うのも大きな意味があります。
重い病気を抱えている状態の人は体の免疫力が低くなっているので、感染性の病気にかかると完治が遅くなり症状も重症化してしまいます。
体力がない人が重症化すると特に命に関わるので、ワクチンを打つことが推奨されます。